ひとりごち 副業

副業で月3万円稼げれば、こんな未来が待っている

投稿日:

世の中は景気が回復してきていると言われているようです。

トランプ相場とも言えるアメリカ発の好景気・株高の影響を受け、日経平均もぐんぐん上がっています(最近はちょっと停滞かな)。

また、日本では特に都心部では転職市場も非常に好調で、どんどんキャリアアップを目指した社員が転職を繰り返しています。
特にIT系は非常に入れ替わりが激しいと感じています。

そんな「好景気」ではありますが、私のような田舎者には全く実感がありません。
会社の業績は停滞し、時間外手当を出す余裕も無いため、「定時にあがれ」という司令。

定時昇給も年間3千円程度あれば良いほう。
年間3千円では、10年で単純に3万円しか上がらないことになります。

しかも給料が上がればそれに伴って健康保険や年金といった社会保険や、所得税・住民税等も増えていきます。
さらに消費税も10%に上がり、食料品や資材等の物価もじわじわ上がり・・・・
と、収入増加以上の支出増加で、「給料上がってる」感はほぼゼロに近いとも言えます。
こんな状況で、将来的に大幅な昇給を望むことは不可能です。

幸いなことに最近は給料を増やすことができないから、「副業をして自分で生活を守って良いですよ。」
と副業認める企業が増えてきています。
これ自体は非常に良い流れだと感じています。

さて、今回はサラリーマンが副業で月3万円稼げたら、生活がどう変わるか。
また、どうその3万円を有意義に使うか という事を考えてみます。

3万円稼ぐには具体的に何をすればいいの?

私も当初は月3万円が目標だった

今でこそ副業で月10万以上、時には40万円、50万円を稼げるようにはなりました。
その辺りは、↓等の記事で詳しく報告しています。

ここで2017年の副業収入を報告したい。

当初は「月3万円でもお小遣いが増えれば美味しいものも食べれるし、飲み会のもどんどん行ける。生活が楽になるかも」という思いで副業を始めました。
実際は、ある程度の規模になってくると、「3万円では満足できない」となって来るわけですが、それはまた後でお話しますね。

稼ぎ方はいろいろ

月3万円を稼ごうと思うだけなら、実際はそれほど難しい事は無いでしょう。
一般的な副業紹介サイトに書かれているような

・個人売買サイトで転売(ヤフオクやメルカリなど)
・クラウドソーシングで文字単価0.5円ー1円程度のライティングを受けまくる
・仕事終わった後や休日に飲食店でバイトする

等、割とやる気になればすぐに出来るものばかり。初期投資もそれほどいらない代わりに、時間や体力を削って稼ぐわけです。

まぁ、言ってみれば「何でも良ければ副業で月3万円位は楽に稼げる」ということを言いたいわけです。

副業で月3万稼げれば気持ちの変化が起きる

さて、実際に副業で月3万円を稼ぐと、いろいろと気持ちの変化が起きてきます。

「3万円では物足りないなぁ」
「うおぉ、自分の力で稼いだぞ!」
「宝くじで1億円に殖やすぜ、ベイビィ」
「◯俗行くぜ!」

など。

私の場合は、3万円副収入を得ることが目標だったのですが、いざそれが実現したときには、
「3万円じゃ全然満足できん。もっと稼ぎたい」
という気持ちでした。
悪く言えば強欲ですし、良く言えばハングリーとでも言うのでしょうか。
達成感よりも「もっと頑張らないと」という気持ちになりました。

ただ、世の中にはいろんな人がいます。
「3万円も余分にあれば十分遊べるからこれ以上は望まないぜ」
というような人。
それはそれで、ゴールとして捉えればいいと思いますし、その人の自由です。
当たり前ですが。

こういった人が居ることも踏まえ、3万円をどう使うかというパターンをざっくり分けてみます。

月3万円の使い方

さて、月に余分に3万円の収入があったら何をしますか?

私なりにそのパターンを考えてみました。

プラン1 プチ贅沢に使う派

まずは、「日常よりちょっと贅沢」を求める派です。

「ランチの吉野家の牛丼を牛丼(大盛り)に変える」
「ラーメンをチャーシュー麺に変える」
「ビーフカレーをカツカレーに変える」
「しまむらで買ってる服をユニクロにしてみる」

等です。

生活に大きな違いは無いけど、いつも少しずつ節約志向で消費していたものを少しずつ大胆な選択に変えますので、結構ストレスが軽減されます。

プラン2 自己投資でさらなる収益アップに備える派

3万円を元手にして、自分のスキルアップや世界を広げること投資をする派です。

自己投資と言っても、勉強とか読書だけではなく、
「人脈を広げるために飲み会(ゲスな飲み会は人脈は広がりませんのでほどほどに)に参加してみる。」
「業界のパーティに出てみる。」
「激安美容室に行っていたのを人気の美容師にセットしてもらい、イケメンを目指す」
なんていうのも自己投資になるかと思います。

3万円あれば、結構な自己投資が出来るでしょう。

プラン3 貯金する

ずばり貯金です。

お金を使わないので、物は残りません。
稼いだ感はかなり薄れてしまいますが、銀行通帳の数字が確実に増えていくので、数字をみて「ムフフ」と喜びを覚えるタイプの人にはおすすめ。

いずれ貯めたお金を別の用途に使うこともあるでしょうし、いざという時の為にとっておくことで精神衛生上安心出来る人もいるでしょう。

プラン4 周囲に還元する

意外と「あり」だと思うのが、このプラン。

自分だけで使わず、周りに感謝し、還元するのです。
親や友人、同僚等。

ご飯を御馳走したり、簡単なプレゼントをあげたり。
意外と小さい気遣いで人の自分への印象は変わるもの。

こういう使い方も素敵だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

月3万円を副業で稼げれば、いろんな可能性が開けています。
そして、それはそれほど難しいことじゃない。

それぞれのモチベーションを保てる方法を見つけて、バリバリ稼いで下さい。







- ひとりごち, 副業


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お金関係に詳しいアラフォー子持ちブロガー。

副業でせっせとお小遣い増を目論むも、副業が順調すぎて脱サラ&法人化を実現しました。

貯金額は?

Loading ... Loading ...