「 資産運用 」 一覧

iDeCoとふるさと納税の関係

iDeCoの愛称で親しまれている「個人型確定拠出年金」の加入者が90万人を突破し、もうすぐ100万人になる というニュースが最近出ていました。 日本の労働者人口は約6,600万人ですので、主にiDeC …

投資として考える太陽光発電はインフレに強いのか弱いのか

2018/07/25   -副業, 太陽光発電投資

以前このブログでも書きましたが、太陽光発電を始めることとしました。 単純に住宅の屋根に設置するだけでなく、空いた土地に野立てでの太陽光パネル設置を行い、ある程度の規模で行います。 基本的に売電について …

iDeCoで節税効果のメリットが無い(少ない)人やパターン

iDeCoは、基本的には節税効果が高く、おすすめしたい資産運用方法です。 ですが、iDeCoの最大のメリットである「節税効果」に関しては、それぞれの税金の計算方法によりメリットが無くなる人や、少なくな …

子供が居る家庭におすすめ「すかいらーく」の株主優待

2018/06/17   -資産運用

子供のいる家庭で困るのは、人数が多いので外食時に高くつくことですよね。 でもたまには外食に連れて行ってあげたいし、、 というのが親の気持ちではないでしょうか。 そういうときに活躍するのが「株主優待制度 …

iDeCoと個人年金 将来に備えるならどっち?

2018/06/12   -iDeCo, 税金・節税

老後に備えるためにいろんな金融商品があります。 個人年金、iDeCo、定期預金等がその一例です。 特に今まで重宝されたのは、個人年金です。 定期預金より利率も良く節税効果もあるので、サラリーマン・事業 …

太陽光発電を契約する時のポイント「施工業者」

2018/05/22   -太陽光発電投資

太陽光発電を契約するにあたっては、いろいろな業者から見積もりを取ると思います。 私がおすすめするのは タイナビ ですが、 私たち一般人はそれほど太陽光発電に詳しくないので、どうしても表面的な見積もり金 …

一般家庭で蓄電池システムを導入すべきかシミュレーションしてみた

ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)という言葉を聞く機会も増え、環境に優しい住宅が増えてきました。 それを支えるのは、 オール電化による天然ガスの不使用 太陽光発電による利用電力の自給化 蓄電池システムの導 …

太陽光発電投資は税金の支払いも考慮して判断する必要があります

依然、投資先として有効である太陽光発電。 表面的な回収年数や利回りも重要ですが、それ以上に大切なのは税金の支払いを含めた総合的な収支ではないでしょうか。 太陽光の業者は税金までは見積もりしてくれません …

【2018年】太陽光発電は投資先として有効か?

2011年の東日本大震災以降、民主党政治の元で再生可能エネルギーは推進されてきました。 太陽光発電は、その時期に立法された「電力固定価格買取制度(通称FIT(フィット)法)」に後押しされ、一気に日本中 …

iDeCoは絶対に途中解約や掛け金の引き出しが出来ないのか?

これまで、iDeCoについて「節税効果ヤバイ、すぐ入るべし」というような立場を貫いて来ました。 それ自体は特に変わってないのですが、iDeCoに入らない人の一番の理由は 「60歳まで途中解約ができない …

30代既婚子持ちの男性サラリーマン。
副業で月収100万円を達成。

会計や税務に詳しい

貯金額は?

Loading ... Loading ...