AdSense(アドセンス)

google アドセンスの審査が通るまでの経緯

投稿日: 2018年9月12日      更新日:

このブログにAdSense(アドセンス)広告が表示されるようになって、もうすぐ1年が経ちます。

この1年感は常にアドセンスの収益を気にする1年でした。
まだ月のPVが100とかそんな程度の頃でしたが、毎日アドセンスの収益を見ていました。
それも1日に何度も。

今回は、僕がアドセンスに申し込んでから、審査に合格するまでのことを時系列で振り返ってみます。

ブログオープン後すぐ申請

アドセンスの存在自体は知っていましたので、2017年7月のブログ開設とほぼ同時にアドセンスサイトからサイトの登録申請をしました。
独自ドメインだし、これから頑張るし、すぐアドセンスの審査は通るだろう と思っていました。

今でこそ、アドセンスは無料ブログでは通らないとか、記事数がある程度無いと通らないとか言われていますが、当時はそこまでの知識はありませんでしたので、何も恐れず気軽に申請をしました。

このブログの運営の目的は、ブログやweb文章の練習とかSEO施策の実験、アフィリエイトやアドセンスのマネタイズの実験というのが当初からあったので、もちろん収益化という部分では非常にアドセンスに期待していました。

でも、そこから苦難の日々は始まったのです。

申請後、2ヶ月は音沙汰なし

申請自体はすんなり出来、「さぁ後は審査がすぐ降りるだろうから、バリバリ記事書くぞ!」と意気込んだのもつかの間。
申請後に何もgoogleから連絡は来ません。

待てど暮らせど来ない。

アドセンスも貼ってない状態では記事を書く気も起きず、このブログはほそぼそと更新をする程度の寂しい時期に突入します。

思えば、この状態が続いたことが結果としてアドセンスの審査の遅れの原因になったんだと思います
今でこそですが^^;

そうして、ただ待つだけの生活は続いたのです。

再度連絡するも返信なし

しかし堪え性の無い僕は、約2ヶ月待った後、我慢の限界が訪れたのです。

「アドセンス舐めてんのか!どうなってんだゴルァ!連絡位よこせ!」
という勢いで、googleアドセンスの問い合わせ窓口にメッセージを送っていました。

ブログ記事書く量よりも、アドセンスにメッセージ送る文字数の方が多かったかもしれません(笑)

しかし、返事は返ってきません。

その後1ヶ月程度で通った

返信が無いので、「こんなしょぼいブログでは確かに広告主にもプラスにならないし、読者もほとんどいないからgoogleも審査通す必要もないよねー」なんて腐っていた頃です。

2017年10月。

googleより「お客様のサイトが AdSense に接続されました」というタイトルのメールが来たのです。唐突に。

メールは唐突に来るに決まってますが(笑)、それでも驚きました。
ほとんど諦めていましたからね。

googleへのメッセージが効いたのか、それは関係無かったのかは知る由もありませんが、いずれにせよ無事アドセンス広告をサイトに貼り付けられる許可は出たのです。

その時の記事数はたった8。

こうして、無事審査に通ったわけですが、今振り返ると当時の記事数はどれくらいだったのでしょうか。

なんと、たったの8記事。

今から思えば、よくこの記事数で審査通ったなー^^;
と、恥ずかしい限りです。
ひょっとしてgoogleへのメッセージ攻撃が本当に効いていたのかもしれません。

おそらく、あれから1年経った現在の状況では、8記事程度で審査が通ることはかなり難しいんじゃないかと思うほど、アドセンスの審査は厳格化されていると聞きます。

私は運がいい。

としか言いようがありません。

まとめ

以上が、僕がアドセンスに申請をしてから審査がおりるまでの回顧録です。

ブログやサイトでアドセンス収益を得ようと思っている人に、少しでも参考になれば嬉しいです。







- AdSense(アドセンス)
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お金関係に詳しいアラフォー子持ちブロガー。

副業でせっせとお小遣い増を目論むも、副業が順調すぎて脱サラ&法人化を実現しました。

貯金額は?

Loading ... Loading ...